病院と整骨院との
治療の違い

実は整骨院・接骨院は交通事故治療が得意なのです!

病院(整形外科)
レントゲンやMRI、CTスキャンなど検査設備が充実しています。
治療は牽引や光線療法、痛み止めの注射、投薬、湿布がメインです。
レントゲンに写った骨に骨折やひびなどの異常が見当たらなければ、「異常なし」という診断になってしまいます。筋肉などやわらかいものは写らないので、筋肉の炎症については確認できません。
特別にむち打ちのための治療というものがあるわけではありません。
待ち時間が長い場合があります。
整骨院・接骨院
レントゲンなどを撮ることはできません。
治療は手技療法がメインです。
触診によりレントゲンでは写らない筋肉や関節周辺の微妙な異常を見つけだすことができます。
国家資格を有した鍼灸・整骨(柔道整復)のスペシャリストが手技による施術を行うため、一人一人の症状に合わせた細やかな治療 が可能となります。
「病院」=「診断」、「整骨院・接骨院」=「治療」というようなイメージです。

病院で画像診断を受けた上で、整骨院・接骨院での手技による治療を受けることがベストと言えるでしょう。病院と当院両方に通っていただくことは可能です。ただし、整骨院・接骨院同士の併用はできません。保険会社への連絡が必要ですので、受付時担当スタッフに「○○整骨院・接骨院で治療を受けていました」とお伝えください。手続きは全て代行させていただきます。