自賠責保険を使った
整骨院での施術について

車を購入した時に、『自賠責保険』という保険に入ったのを覚えていますか。『自賠責保険』は、全ての車やバイクが入らないといけない保険で、またの名を強制保険と言います。車検を受けるときも、自賠責保険料を払っていますよね。あの保険です。

この自賠責保険は、「交通事故でケガをした人を救済する」という理念をもとに、自動車やバイクなどを所有するときには、必ず入らないといけない決まりになっています。ですので交通事故の怪我の場合、この「自賠責保険」を利用することによって、医療機関における交通事故の治療は無料になります。

ただし、大切なポイントが1つだけあります。

この自賠責保険は、交通事故にあったあなたや家族を守るために入っている保険とはちがいます。
なんだ、結局私たちの治療には使えないじゃないか。きっとそう思われた方が多いですよね。

でも、大丈夫!

あなたやご家族も、自賠責保険を使って、無料で医療機関に行くことができます。

何故でしょうか。

それは、自賠責保険が「交通事故でケガをした人を救済する」という理念をもとに作られた保険だからです。自賠責保険に、一般的な意味の被害者・加害者という概念はありません。お互いケガをしていれば、ケガのひどさや過失の大小にかかわらず、お互いが被害者であり、加害者でもあるという考え方なのです。つまり、ケガをしていれば、互いの自賠責保険に被害者請求をし、相手の自賠責保険を利用して無料で治療を受けることができるというわけです。
(注:ケガをした人に10割の過失があった場合は、自賠責保険は適用できません)

しかし、この自賠責保険を使った無料の治療、どの医療機関でも可能なわけではありません。

当然、病院では基本的に適用できます。

交通事故にあったら、何よりもまず病院で検査を受けることが大切ですし、救急車で運ばれるのも病院だと思いますので、一度窓口や保険会社の方と自賠責保険を適用した治療について、相談されてみてください。

じゃあ、病院に行って、費用もかからないのに、他にどこかで治療を受ける必要なんてあるの?

おっしゃる通りです。

でも、実は病院に行った後で、こんな状況に悩まされている方が、結構いらっしゃるのです。
病院でのレントゲンの結果は「骨に異常無し」。診断は「頚椎捻挫(けいついねんざ)=むち打ち」。
「しばらく様子を見てみましょう。」と言われ、湿布をもらって、痛み止めの薬ももらって、2・3日たったけど、何だかまだ痛みが引かないし、身体の調子も悪い。この不調、いったいいつまで続くんだろう・・・

そんな時に、ご利用いただきたいのが、整骨院・接骨院なんです!

整骨院・接骨院に在籍する「柔道整復師」は、ねんざの専門家、つまり、皆さんが病院で診断された「頚椎捻挫=むち打ち」のスペシャリストです。柔道整復師は、直接触れることで、レントゲンでは写らない筋肉の異常を見つけだして、手技をメインに筋肉に直接アプローチする治療を行うことができるのです。

でも、ちょっと待って。

そもそも整骨院って自賠責保険って使えるの?

相手の保険会社の人から「病院にしか行けません。」って言われたけど?

大丈夫です!

整骨院・接骨院でも、自賠責保険を適用して無料で治療を受けていただくことができます。
それは、整骨院・接骨院のスタッフが持つ「柔道整復師」という資格が国家資格であり、保険を取り扱った治療を認められているためです。
その上、整骨院・接骨院には、病院と併療で通うこともできます。これならば、病院と整骨院・接骨院のいいところを、それぞれ利用しながら、しかも双方費用は無料で通院できるので、ずっと続いていた「治るのかな。」という不安も解消できますよね。

でも、忘れないでください。本当に大切なのは、治療が無料かどうかではなく、ケガの処置を何よりも優先して行うということです。どんな些細な交通事故だったとしても、まずは信頼のおける医療機関に行って精密検査を受けてください。