交通事故で整骨院に通う方法

整骨院で交通事故の施術を受ける手順

整骨院で交通事故の施術を受けるには手順があります。

その手順をふまないと、整骨院で交通事故の施術は受けれません。

 

① 交通事故にあう

自動車と自動車の事故・追突事故 自転車と自動車の事故・バイクと自動車の事故

交通事故で通える整骨院下矢印

② 警察に電話

交通事故にあってしまったら、まずは警察に連絡をします。

交通事故のときは警察を呼ぶ

警察を呼んで、きちんと事故処理をしないと、交通事故での保険や補償を受けれなくなります。また当人同士で警察を呼ばずその場で終わらすと、後々、体に不具合が出たときに本事故があったかどうか証明できません。ですので、事故にあったら必ず警察に連絡をします。

交通事故で通える整骨院下矢印

③ 病院で受診

身体に異常がなくても、必ず病院を受診してください。病院の治療費用などは、相手方の保険会社が支払いを行いますので、治療費の負担はありません。事故をしたときに、相手方の事故担当者から連絡が来ますので、その担当に「病院へいく」ということを伝えてください。その際に、どこの病院へいくか?聞かれますので、「○○病院へ行く」と伝えてください。保険会社から、交通事故で通う○○病院へ連絡がいきますので、自賠責保険適応で窓口負担0円で病院を受診することができます。

また自分が自動車保険をかけている担当者にも、事故にあった事を連絡します。

交通事故の怪我は、必ず病院で受診

※交通事故の怪我(特にムチ打ち)の場合は、何日かしてから、むち打ちの症状が出る場合があります。ですので、身体に異常がなくても病院の受診をしておくことで、あとで異常が出た時でもスムーズに治療ができるようになります。また交通事故のむち打ち症など、整骨院での施術は病院での診断をもとに行います。ですので交通事故の施術を整骨院で受けるには、病院での診断がなければ行うことはできません。

交通事故で通える整骨院下矢印

④ 担当の保険会社に整骨院へ通うことを連絡

相手側の保険の担当者に、「病院と一緒に整骨院(あさひ整骨院 or あい整骨院久枝)へ通う」と連絡してください。そうすることで、保険会社から、あなたの情報(お名前・事故日・診断内容・性別・担当保険会社名・担当者名)が、整骨院に連絡が入ります。

 

また、担当者によりますが、「整骨院へ通う」ということを、相手方の保険会社に伝えると「病院の先生に同意書をいただいてください。」と言う担当者がいます。しかし、病院で交通事故の施術で整骨院を併用したいと伝えると、「整骨院への同意書は書きません。」と99%断られます。